クレジットカードを現金化する前に任意整理を!

クレジットカード現金化の前に勇気をもって任意整理・私的整理を

クレジットカードのショッピング枠を現金化してまでお金を借入れしなければならないのであれば、その前に銀行や貸金業者からの借入れを検討するべきです。それすらもできない場合は、すでに債務超過である可能性があります。この場合は、債務整理をおこなうべきです。
このページでは、債務整理の方法として、債務・借金の任意整理・私的整理について解説しています。任意整理・私的整理をおこなうことで、債務・借金が少なくなり、場合によってはまったくなくなる可能性もあります。

 

 

任意整理・私的整理とは

 

任意整理とは、文字どおり、債務・借金を「任意」で「整理」することです。つまり、債権者と債務者との間で、「話合い」によって債務・借金の弁済・返済の計画を見直すことです。法的・公的な方法(特定調停・民事再生・会社更生・破産など)とは異なるという意味で、「私的整理」といわれることもあります。
任意整理・私的整理は、債権者との話合いによる解決ですから、特に法的な手続き必要ありません。ただし、当然ながら、後日のトラブルの予防のために、しっかりとした契約書・覚書などの書面を取り交わしておくべきです。
なお、任意整理・私的整理は、あくまで交渉による整理ですので、交渉の内容次第では、必ずしも債務者にとって有利な結果となるとは限りません。この点は、自分で交渉する場合も、後述の専門家(弁護士・認定司法書士)に依頼する場合も、注意しなければなりません。

 

 

いわゆる「過払い金」が返ってくる

 

任意整理・私的整理では、金利の引き直し、金利のカット、借金そのものの減額、返済計画の見直しなどについて、債権者と債務者(またはその依頼を受けた弁護士・認定司法書士)が交渉します。また、過払い金がある場合は、その返還について交渉することもあります。
この交渉の結果、大幅な債務・借金の減額が期待できます。場合によっては、借金そのものがゼロになったり、逆に払い過ぎた借金が返ってきたりすることもあります。
つまり、債務・借金が減額となったり、まったくなくなったりすることで、そもそもクレジットカードの現金化を利用する必要がなくなる可能性がある、ということです。このため、多額の債務・借金がある場合は、任意整理・私的整理も検討に値します。

 

 

弁護士・認定司法書士に依頼する

 

任意整理・私的整理は債権者との交渉による解決方法ですので、債務者自身がおこなっても構いません。ただ、任意整理・私的整理には、利息制限法、出資法、貸金業法、民法などの高度な法的専門知識が必要となります。この点から、「任意整理・私的整理」を専門としている弁護士に依頼するべきです。
また、司法書士のうち、法務大臣の認定を受けたもの(これを「認定司法書士」といいます)もまた、任意整理・私的整理の代理人となることができます。ただし、取り扱う金額(140万円まで)の制限があります。このため、債務・借金の金額によっては、認定司法書士への依頼も活用できます。

 

 

信用情報機関には情報が残る

 

任意整理・私的整理は、一般的には、持ち家・マンション・自動車などの財産を処分する必要はありません(もちろん、これらを処分して債務・借金を返済することもできます)。また、話し合いによる解決ですので、破産や民事再生などとは違って、官報に名前が記載されることがありません。このため、個人情報も保護されます。
以上のように、任意整理・私的整理は、多くのメリットがある制度です。ただし、いわゆる「信用情報機関」には記録されてしまします。この記録が、いわゆる「ブラックリスト」ともいわれるものです(もっとも、「ブラックリスト」というリストそのものがあるわけではありません。)。
信用情報機関に任意整理・私的整理が記録された場合、機関にもよりますが、7年程度はその記録が残ります。このため、銀行や貸金業者などの金融機関からの融資が受けづらくなります。これが、任意整理・私的整理のデメリットといえます。
もっとも、信用情報機関に記録された情報は、あくまで金融機関の参考情報のひとつに過ぎません。このため、金融機関によっては、たとえ信用情報機関に事故の記録があったとしても、貸付けをしてくれることもあります。このため、貸付けの与信審査が通るかどうかは、実際は個々の金融機関による個別具体的な判断によります。
特に、任意整理・私的整理で土地・建物などを残したまま債務・借金を返済した場合は、これらの土地・建物を担保にすることで、借入れを受けることができる可能性もあります。

クレジットカード現金化よりおすすめはこちら!

ランキング

ランキング



ランキング

ランキング

ランキング

クレジットカード現金化の前に勇気をもって任意整理・私的整理を関連ページ

クレジットカード現金化を絶対に利用してはいけない理由
利用者自身が被害者であると同時に、加害者=「犯罪者」となってしまう、という点があります。このため、本来であれば受けることができそうな法的救済や法的保護をまったく受けることができなくなる可能性があります。
クレジットカード現金化を使うなら金融機関からの普通に借入れを!
クレジットカードの現金化による借入れをおこなうのではなく、正規の金融機関(政府系金融機関、銀行、信用組合、信用金庫、貸金業者等)からの正式な借入れを検討するべきです
クレジットカード現金化より法律に守られている貸金業者からの借入れを!
正式な借入れを検討するべきです。このページでは、これらの金融機関のうち、貸金業者からの借入れについて解説します。
クレジットカード現金化の前に特定調停を考えてみませんか?
債務整理の方法として、特定調停について解説しています。特定調停をおこなうことで、債務・借金が少なくなり、場合によってはまったくなくなる可能性もあります。
クレジットカード現金化の前に過払い金返還訴訟の可能性チェック
債務整理の方法として、債権者に対する裁判・訴訟の提起について解説しています。裁判・訴訟をおこなうことで、債務・借金が少なくなり、場合によってはまったくなくなる可能性もあります。
クレジットカード現金化の前に民事再生について考えませんか?
債務整理の方法として、民事再生の申立てについて解説しています。民事再生の申立てをおこなった場合、不動産などの財産を失うことなく、債務・借金を返済できる可能性もあります。
クレジットカード現金化は本当に怖い!将来を見据えて自己破産の勇気を!
債務整理の方法として、自己破産などの破産の申立てについて解説しています。自己破産などの破産の申立てをおこなった場合、財産はすべて失いますが、債務・借金は免責されます。